Happy new year!皆既日食レポート

日本で怒濤の様な楽しい日々を過ごし、Ubudに引っ越しをして、忙しくずいぶん投稿に間が空いちゃいましたが。。

皆様明けましておめでとうございます!Happy new year!2013!
今年も直感と勇気と愛を持って、素晴らしい年にしていきましょうー!

ただ今バリ島ウブドに戻って3週間が経ちました。家も借りてホームウォーミングパーティーも終わり落ち着きました。
ふー。今回は6月末までは居るつもりです。7−9月は夫ケビンの実家、カナダバンクーバーに滞在する予定です。

えと、間が空いた時期に色々と体験しましたので、遅くなりましたが、レポートをさせていただきます。

まずは皆既日食のレポートです。

ケアンズの北更に3時間程ドライブした砂漠No whereにて、Eclipse2012のパーティーが行われました。
1万人程が集まり、その内1千人は日本人だったという、日本人が沢山来ててそれも嬉しかったな^^。
うちのこ2歳4ヶ月のまりさを連れてキャンプの旅7泊8日。いやーなかなかハードでした。

オーストラリアのフェスはしっかりオーガナイズされているから子連れでも大丈夫だよーって言ってた友達も、「こりゃ大変だわっ」て着いてからコメント。エー?!今更!?でもそれがすごーーく強くなれて、結果とっても良かった旅でした。
なんだかインドに旅行した後の様な感想だな。。

なんせ乾燥した砂だらけの広大な敷地。全て歩くしかない。しかも子連れ。おんぶしてトイレや水飲み場まで行かなければならず、まりさは野ション、野クソ。余裕で出来るようになりましたよ。笑
お昼は40度近く暑くて、乾燥してて、太陽が突き刺さるようにきつい!夜は寒い、朝なんてダウンジャケット着ておトイレに行くくらい。日本からの友達も待ち合わせて何組か来てて、「もし辛くなりすぎたら早めに帰ろうねー」って弱気な事を話してました。みんなもうんうん本気でうなずいてたね。

でも大人も3日くらいしたら慣れて来て、とりあえず涼しい朝はヨーガクラスを受けに行き、その後湖というか泥池にどぼんしてクーリングした後、クーラーボックス用の氷を頭に乗せて、おっちらキャンプ地まで戻り、朝ご飯を作り、昼間は暑すぎるのでまりさと泥池に遊びに行くか、キャンプ地で溶けた氷の水で水遊び。
子供達は全然大人よりもたくましく、暑い中も乾燥した中もへこたれず、石を車のタイヤの上に乗せたり、ありをおいかけたりなどなど遊びを探して子供同士で遊びまくってはりました。グループに子供が4人居たのも良かったな。
寒くなる前に5分5ドルという超高い、でも最高にリフレッシュするシャワーを2日に1回は入りに行き、涼しくなった夕方から踊りに行く。まりさにはヘッドフォンを着けさせて大きな音のライブで踊ったりもした。暑いのでフロアーの上からシャワーが出ているのだけどまりさは出来た水たまりで遊ぶのが大好きだった。水をたたえる様な不思議な儀式めいた事もしてた。素敵やった。笑
またキャンプ地では吹くときはすごい風が吹いたのだけど、まりさがそれを見たら、手をかざして、「(風よ)止まれー!」って言ってはった。2歳2ヶ月の子だからこその行動なのかな?そして止まったときは驚いた。

そしてついに皆既日食の朝!Total eclipseは朝7時頃だった。

朝5時ごろから起きて水をくみに行く。めっちゃ天気良いやん!雲一つないよ!
どきどき。初体験だもの。どんな感じなんだろー?みんなみいそいそカメラセッティングや椅子の用意、眼鏡の用意をしている。うちのケビンちゃんもまりさも爆睡だったので、とりあえずヨガでもして心の準備をしようっと。
やっとこさケビンちゃんも起きて来て、うちらもセッティング。私たちのグループは子連れだったのでフェスの皆が沢山集まる場所には行かず、自分たちのキャンプ地で見る事に。キャンプ地はとっても良い場所をとれたから、落ち着いて見れて本当に良かった。

ついにすこしずつ太陽が欠けだした。肉眼ではよくわからない、というか目を痛めるので太陽を見るときは専用の眼鏡を着けてみなければいけない。部分日蝕は日本で見たことがあったので、大して驚きはせず、「ほー、ついにきましたかー」
まだまだまりさは寝ている。完全に隠れるにはまだ1時間程かかるし寝かしておこうか。

ところで、Total eclipseとは太陽が月に隠れる現象。頭では普通に理解していたと思ってたのだけど、すこしずつ欠けているのを見ていると身体で実感として理解出来た。太陽と月の現象なんだけど、地球と全ての惑星の存在、宇宙の広大さを実感したよ。

ああ、もうすぐで全部欠けちゃうよーって時にまりさが「ママー」って起きた。凄いタイミング。だっこして椅子に座って1分もした時に完全に隠れた!その時の様子は凄いものだった。黒丸の周りには、白い黄色いめらめらとした炎のような湯気の様な光が後ろに漏れている。そして周りの世界が一変した。言葉で言うのも難しいが、まわり全ての景色が銀色になったような感じ。薄暗いのに少し明るくて、光っている。とてもとても美しい。雪景色の様な感じと言うか。
完全に隠れたのは2分間だったが、わたしの周り、私自身も異空間そのものになった。

そして!太陽がちらっと見えたあの瞬間のダイアモンドリング!ものの3秒程のものだったけど、きらっと光が出て来て、ピカーン!と光り、一気に地球を照らして行く。身体中と心が震え、鳥肌が立ち、圧倒された。
あの瞬間の光は今まで見た光の中で一番美しかったと断言できる。
良く「皆既日食は不吉とも言われるから見ない方が良いよ」っていう人もいたけど、見た後の感想は、「あんな美しい現象を見ないなんてもったいないよ」って思いました。見れて本当に良かった。感激しました。まりさもおとなしく私の膝に座り、「おー綺麗ー!ムーンムーン」って叫んでた。
完璧な皆既日食に大満足して、ゆったりとのこりの数日の音楽やダンス、ヨガや泥池、キャンプでの自炊を楽しみました。カレーやパスタやミーゴレンやスープなど沢山美味しいものを作ったよー!
ちなみに、友人Kevin Jamesさんもチャンティングのアーティストで参加しててまりさと歌いまくれたのも楽しかったよ!去年はほんとウブドにてケビンさんではじまり、ケアンズでケビンさんで終わった年でした。感謝感激。素晴らしい静かな友情をありがとう。

そして一緒に行った皆、あちらで会ったみなさん、遊んでくれてありがとうー!やんと隊長&なるきちファミリーとは一緒に自炊して、子供達を遊ばせて本当に楽しかった。こうすけ&ティナファミリー誘ってくれてありがとうね!

絶対にまた皆既日食見に旅をするぞー!

 

Australia

ただ今オーストラリアに再度両親と一緒に来てます。

今回は居候ではなくサーファーズパラダイスの北のLabradorペリカンビーチの前にアパートメントを借りています。
友達家族とByron bay近くのキャンプ場でキャンプしながらパスビーチでサーフィン、カヤッキングをしたり、ゴールドコーストのコアラやカンガルーのいるCurrumbin Wild Sanctuary動物園に行ったり、ペリカンビーチでペリカンと戯れながら泳いだり、父の好きなワイン、Mount tamborinのワーナリーに行ってテイスティングをしたり、今回はとっても観光してます。
オーストラリアって良いなー。ほんと大自然で雄大で人もいいし最高です!

11月7日からはケアンズに飛び、9日から17日までは皆既日食Eclipseを見にキャンプインしますのでネットがつながりません。
2013年のウブドリトリートは定員あと4名ですが、申し訳ないのですが、もし9−17の間にメールいただけても返信出来ません。
メールにて申し込んでいただいた順に、予約を入れさせていただきます。
インターネットが繋がり次第またすぐにご連絡させていただきます。

そして11/25には日本にまた一時帰国します。今回は夫のビザの更新や荷物の整理にいきますのでヨーガWSはしませんが、今回は沢山友達と会って、遊びたいと思います。
よろしくお願いしまーす!