堀田義樹とMasumiの対談「2019年5月のバリ島のリトリートを振り返って」

堀田義樹:
ロケーションについて、まっすんから太鼓判を押されていたので、期待はしていたのですが。それをはるかに上回るものでした。

Masumi Lacoste:
ですよね。あの山奥のジャングルのプラーナ満開の中、あの優雅空間で、最高のホスピタリティとクリアな波動の中でのチャクラワークやボイスワーク、キールタンって、持っている最高の可能性を引き出していましたよね。

堀田義樹:
さらに、オーナーのIbu Atiさんを筆頭に、スタッフのみなさんの素晴らしさに感動しました。リトリートメンバーも、みんな心から感動していたね。

Masumi Lacoste:
そう、Ibu Atiさん、Ibu Ayuさんの笑顔と包容力、そしていつも楽しそうにされている姿にはいつも心打たれますね。リトリートメンバーもみんな心開いて、めっちゃ楽しそうに過ごしてくれていたから嬉しかったーお食事も最高に美味しいし!義樹さんも今回も凄い反応を受けてたね。

堀田 義樹:
義樹、半日動けなくなる事件 笑。。
パワフルな浄化だった。腹のチャクラが燃えてた!

Masumi Lacoste:
めらめらめらーー!!やったね。
義樹さんもさらに今回一枚、いや何枚も剥けましたねー力強くなってるね。

堀田 義樹:
受け入れる勇気だね。サレンダーするのが最善という状況判断。いやー、昨年のバリリトリートも凄かったけど、今年はそれを凌いだね。

Masumi Lacoste:
そうだね今回はチャクラワークも毎朝じっくりやらせていただき、それに合わせた音やキールタンをみんなで歌って。
エレメントに合わせたアクティビティもパーフェクトな流れだったわ。

堀田 義樹:
リトリートを終えて一週間が経って、今回は「祈り」が大きなテーマだったように感じるんだ。

Masumi Lacoste:
うん、そう思う。リトリートが終わってから、祈りが生活の中に入っていることに気づいたよ。朝起きて、ガネーシャに、太陽に、みんなに、この場を温かく見守ってくれているスタッフに、食事に、幸せな時間に、いつもお祈りしていたね祈りのパワフルさを身にしみて感じて、その効果を目の当たりにしたから、自然に生活の中に入ってる嬉しいことだ。

堀田 義樹:
僕らのリトリートには、いつも祈りの時間がある。

Masumi Lacoste:
本当にそうだね。1日きりじゃなくて6日間毎日するからね。自分にとって良いと実感する時間になるし、自分が本当にいいって思うことは家に帰っても続けることができて、それが習慣になる。

堀田 義樹:
すべての行為と、それにつながる存在への感謝。その時間を深く共有できるのは、リトリートならではだね。

Masumi Lacoste:
義樹さんとのリトリートは意図してなくても、不意に現れたりする美しい純粋な祈りの時間がある。
チャクラワークでは全ての次元(各チャクラとつながる層)の自分を素直に認めて、それを扉にして大いなるものとつながることを体験するんだけど、声という、自分が作り出せるリアルな波動を使って、大いなるものとつながることが出来る、パワフルなツールってのが再確認したよ。

堀田 義樹:
祈りは僕の日常で本当に大切なものだし、そこは皆さんと過ごす中で、一緒に深めていきたいと思ってて。キールタンもそうだけど、一人の時とは、絶対に違う空間になるからね。

Masumi Lacoste:
長い時間一緒にいることで、沢山いいところを学べたよ。祈り、感謝、喜びそんなことを常にやってるね よっちゃん

堀田 義樹:
一緒に過ごして体験が深まるのはありがたいよ〜。

Masumi Lacoste:
ねー。これぞリトリートの醍醐味ですね。

堀田 義樹:
何年前か? まっすんと最初にコラボさせてもらった時、チャクラワークと、ヴォイスワークの相乗効果がすごく感じられたのね。それは回を重ねるごとに強力になっていくんだけど、今回は一段と素晴らしかった〜。興奮した。笑お互いの信頼感もますます深まっているし。

Masumi Lacoste:
いやーブルブルするよね。素晴らしい時間が波動が創造されている時ってこれぞクリエイションのエクスタシィー産み出されていましたね。うん、義樹さん本当に家族みたい 兄妹?笑
あと、こう攻めたらどうするかなーってワクワクして、そうきたかーってウオーってなる。義樹さんもめっちゃ繊細にエネルギーを見えているからね。

堀田 義樹:
僕らに共通してるのは、微細な領域の観察だよね。

Masumi Lacoste:
ほんまや!

堀田 義樹:
微細マニア。

Masumi Lacoste:

堀田 義樹:
感じることを、考えてみる。考えるのは感じきった後なんだよね。

Masumi Lacoste:
ほんまや、ええこと言ったな!感じきったあとね。

堀田 義樹:
本当に、まっすんとそこ同じところ見てるな〜って、たびたび思うんだよね。
チャクラワークも、ヴォイスワークも、言ってみれば、目には見えないけど、確かにあるものを感じに行くワークだもんね。その行為の変化を味わうという。

Masumi Lacoste:
微細なことの方が効果的なのよねー義樹さんの美の感覚ともちょっと似通ってると思う。

堀田 義樹:
微細なところを感じられると、あらゆることが美しくなる。お!まさに美!

Masumi Lacoste:
美 ですね私もこんなキャラクターしてるけど、美しいものが好きなのですよ。美大卒業

堀田 義樹:
美しさも、僕らの共通点。ははは。完全にシンクロしてきた。

Masumi Lacoste:
スピード感とか前進力とか、問題解決能力とかもにてるかもねにてるから、ワークがやりやすい。

堀田 義樹:
そうそう、美しい方向を選択する感覚。

Masumi Lacoste:
しかも人間好きやし リトリートでみんながどんどん丸裸になっていって本来の自分に戻ってくのを見るのが大好き美しくて、ワクワクする波動。

堀田 義樹:
シドメンでも、みんな輝いていたね〜。最終日ファイアーセレモニーの後、眩しすぎて霞んで見えたよ。
僕も浄化の後だったし。それこそ微細なところがよく見えた。輝いていたな〜。リトリートには、何かしら変化を求めて参加する人も多いと思うけど。結局のところ、ひとつひとつの瞬間を感じ切ることが、大きな変化を生み出すように感じたな。今回のメンバー、その点でも素晴らしかったね。どんどん開いていったね。

Masumi Lacoste:
うん その瞬間に実際にある、美しい意識の状態に入れたら、そこからは一気に次元が変わるって言うか。現実はそのままだけど、感じ方が変わる。それが変化につながるんかもね今回のメンバーはチャレンジ精神があって、マイペースで、優しくて、楽しくって最高だったー終わってからもグループで話しているのを見てたら皆さんいい感じみたいだもんね。嬉しいわー。

堀田 義樹:
日本に帰って、みんなのこれからも楽しみだね!
オーナー、Atiさんの人間性にも本当に感銘を受けたよ。ずっと祈りと共にある人だと聞いていたけど、僕らの滞在した宿だけでなく、大きな自然農ファームや、バリの伝統文化を子供達に継承して行く学校を運営していたり。

Masumi Lacoste:
そうそう地域、子供、仕事、バリヒンドゥ、インドヒンドゥ、繋げて愛していく人なのだと思うそして外国人の私たちとも。

堀田 義樹:
祈りを、その行為だけでなく、現実の世界で育てて行くというのは、僕の目指している形でもあるんだけど、その意味でも本当に学ばせていただいたよ。

Masumi Lacoste:
そうだね これからが楽しみだね現実に形にして、そしてあんな笑顔でパワフルなバリ人女性に出会っちゃったらインスピレーションがビシバシですよね。

オーストラリアでの次回のリトリートでは、今回でかなり私たちのチャクラワークとボイスワークがリンクしたから、もっとお互いのツールを絡めて、面白いワークを生み出せそうですね。

堀田 義樹:
これまでのコラボで、お互いの目指している方向、みなさんと分かち合いたい方向がはっきり見えてきた。さらに先日のバリでは、二人の合同ワークが、新しい流れとして自然と形作られていったんだよね。それを、オーストラリアで公開したい。

Masumi Lacoste:
そうですね!うん、チャクラワークもボイスワークも生き物で有機的に動くから面白いね義樹さんとのリトリートは毎回素晴らしいものになるし、それがわかってるから、それに向かって数ヶ月、半年とじわじわ自分の中で温めていくのも楽しい。真剣に構成練ってみよう。真面目さにてるよね。

堀田 義樹:
(実は)真面目さも僕らの共通項。

Masumi Lacoste:
オーストラリア、ゴールドコーストはご縁があってこの数年行ってましたが、こうしてリトリートが出来るのは現地のお友達Kuriちゃんのおかげ様。そして義樹さんのキールタンの素晴らしさが知れ渡っているおかげ様楽しみすぎますね。アボリジニの聖地の山のお家を貸し切ってのリトリートじっくり施すワークで、美しい意識、波動になって、みんなで一つになって、常夏のオーストラリアの大自然の中で子供のようにはしゃいじゃう深ーく微細なところまで入り込んでいきます。

堀田 義樹:
体験としての学びを、集中的に深められるのがリトリートの力。それと個人的には、仲間たちとの共同生活で、人を通して自分が見えるというのも大きいと思ってるんだよね。

Masumi Lacoste:
1回きりの体験じゃなくて、何日も一緒だから、習慣になる 良い習慣がつくのは本当に素晴らしいギフトだから

堀田 義樹:
そうそう。リトリートでの体感って、確実にその後の日常に変化を見せてくれるから。

Masumi Lacoste:
不必要な癖が落ちたり、新しい習慣が身についたり 終わって家に帰って気づいた頃にあれって気づくこともある

堀田 義樹:
頑なに自分をプロテクトしたい人はそれが難しいかもしれないけど、ブレイクスルーしてほしいな。

Masumi Lacoste:
今回私はそれが大きかったよ 頭の中が静かになって、より大きな波に乗り換えられた気がするできたら、みんながリトリートに来るときには本気で挑んで欲しい

堀田 義樹:
いいね! 波の乗り換え!!

Masumi Lacoste:
このリトリートの時間、瞬間瞬間、自分の心の中心にいて、すべてのチャンスに心を開いて欲しい過去や未来を考えないで、この時間にコミットして、楽しみ、くつろぎ、集中し、全開で楽しんで欲しいなー

堀田 義樹:
怖いのは乗り換える前だけだ。

Masumi Lacoste:
そうね 乗り換えようって思ってる時は怖いしできないけど、リトリートって気づいたら乗り替わってたってことにもなる時間があるからね、チャンスは沢山あるのよねーしかも全チャクラワークを一つずつするから、どこで躓いていたのか、もし気づかなくても自然にアライメントされるしね。声も使って自分の波動を上げ、奮い立たせて。

堀田 義樹:
この間、まっすんを紹介する時に書いたけど、自分の中にある輝きを、どうかみんな隠さないでねって。

Masumi Lacoste:
うん、あの言葉嬉しかったな

堀田 義樹そしてお互い、さらに開いていこう〜。

Masumi Lacoste:
私もよっちゃんもリトリート中、ちゃんとみんなを見ているからね wittness目撃者になってるもんね。みんな、思い切りひらいちゃってくださーい!!

そんなことで、またまたねーーー!

2019年バリ島リトリートの写真アルバムはこちら

2019年12月のオーストラリアリトリート詳細ページはこちら

気づけは2019年4月でした

今年のバリ島はなかなか面白い滞在になっています。

まず、ギターを弾きだしました。と言ってもと簡単なストロークで弾けるくらいで難しいことはできないのですが、ウクレレをやっていたせいか、弦楽器に慣れてて、なんとか出来るようになっていた。うち弾けるやん!嬉しいー^^


おかげで、色んなところに行って弾いて、歌って、ジャムをしたり、キールタンをしたりなど楽しい時間が増えました。本当に、楽器っていうものは、触れば触るほど、楽しめば楽しむほど上手くなるんだね。音でその場の波動が一気に変わるから大好き。


And ダンス!近くのスポーツジムで、色んなラテン系の踊りをミックスした、Zumbaクラスに週1,2回行ってて、汗だくになってすっきり爽快。やっぱり踊るのっていいなあ。


そしてチャクラワークと同じ意図である、大宇宙を小宇宙である自分に写しこみ自分は宇宙と同じなので在る、いわゆるワンネスを体現するという、エレメントヨガやダンスに興味を持ち、今好きな先生はMalaika先生!彼女はジャマイカンとカナダ人のハーフで、ワイルドなヒッピーエコライフを家族でしてきて、今はウブドを拠点に世界中で教えてはります。

彼女のエレメントダンスとヨーガWSを沢山受け、リトリートにも行き、Woman circle集中講座も受け、体中を自由に使って踊り、ヨガをし、ワークをする彼女のやり方にとても共通な想い、パッション、愛を感じて、久しぶりに夢中に学んでいました。

リトリートを完全に生徒として参加することってほとんどないのだけど、今回はどっぷりと体験することが出来ました。
目の前に起きている出来事に集中し、今ここにいることが出来て、感覚と感情、身体や心の中で起きている反応をそのまま見ている状態、それをキープしていくと、頭の中の勝手に作り上げていた問題事や心配、パターンがすっきりと消えました。コーヒーを毎日飲む癖や、お酒、食べ過ぎ、携帯の見過ぎなどの癖もすっきりと解消されて、いやん、めっちゃ嬉しいやーん。ってなっています。やっぱり意図をしっかりと持つってのは大切だなー。

リトリートをよく企画させていただいていますが、日常から離れて、自分に戻る時間が出来るリトリート、本当にすごい経験ができるんだな、と再確認して、これからはもっともっとリトリートのプログラムをよく練って、さらにその意図が効く内容を提供したいと張り切っています。
おかげさまでクリエイティビティがモリモリ活性しておりまする。

なんてそんな滞在をしながら、2月3月はリトリートやTTCを開催させていただき、夢のような感動的な時間をみなさんと過ごさせていただいていました。

楽しそうだねーってよく言われますが、企画したり、教えたり、沢山の人とコンタクトとってオーガナイズするお仕事は、本当に過大な責任と緊張を持って、実はいつも倒れそうになります。
でもそれ以上に、みんなの清々しい笑顔、涙、笑顔、至福のエクスタシーの顔、歌声を体験させていただくのは本当に魂が喜ぶのです。
そしてチャクラチームのみんながいつも全身全霊で知識や才能を惜しみなく伝えてくれ、それをみんながフルに受け取ろうとしていて、こんな感動的な波動の中で伝わる智慧は本当にすごいことなんだなっていつも感動してみています。


そろそろ私も体力が持たないかもしれないので(笑)、リトリートやTTCの回数は少しずつ減っていくかもしれませんが、でもみんなと過ごすあの時間はいつもいつも胸の中にあります。過去のことかもしれないけど、実際この今の気持ちとなって在る。確かに在るこの想いに感謝しかないです。ありがとう。ありがとう。

ーー

この春に熊野にてチャクラワークアドバンスコースを開催します。そのために、チャクラワークのパワフルなシークエンスを考えたり、書き出したり、ガイド瞑想を考えたりしていますが、いやー、やっぱりチャクラって面白いですね(今更ながら)。

キーボーが今まとめてくれている、各チャクラそれぞれ対応する身体の部位や内分泌腺は、精神や感情の問題と繋がっていく。ホルモンバランスから気分や思考、行動までが変わって人生までも変わっていく。

チャクラを意識しながら、身体を効率よく動かして深呼吸をしていくと、思考もポジティブに、理性も働き、ダイナミックにもなれ、大きな視点からものを見ることができる。各チャクラを順番に見ていくことで、気づいていなかった箇所が盲点となっていたことに気づき、軌道修正ができる。でもそのパターンの繰り返しは年数が長ければ長いほど、越えていくための変化が怖くなっちゃう。

でも勇気を持ってその軌道切り替えをして気持ち良く高い波動で生きていったら、沢山の未知数の喜びが待っているのだ。大きなことをしなくてもいい。小さな習慣や感じ方、人との付き合い方が変わるだけで劇的な変化がおこったりする。

ウブドに居てユニークで面白い生き方をしている人が沢山いる。みんな純粋なアイディアを形にしていってる。

過去の行動と想いが、今この現実を作り出して、私たちはここに生きている。うーん、チャクラワークをじっくり毎日していると色々と再確認。楽しいでございます。

ーー

うちの子供のMarisaは今8歳で、前に行っていたグループホームスクールが無くなっていたので、ただいま個人的に家に日本人の先生が来てくださっていてホームスクーリング中。
絵が大好きで大好きで、絵本を毎日半冊書き終わるくらいの勢いで描いています。絵に日本語で文字を書いて読んでくれて、とても無中。
あとはウクレレの先生も来てくれたり、ピアノやアートのクラスに行ったり。本当に自然にこんな形になってしまっていますが、もちろんMarisaが学校に行く準備ができたら行って欲しいし、勉強することも面白くなって欲しいし、好きなアートも続けて欲しいし。バリ島には沢山の学校があって、ウブドでは、有名なところはグリーンスクール、プランギスクール、ウッドスクール、最近はシュタイナーの幼稚園もできて、小学校も1、2年後には出来るそう。などなど自然の中で過ごせる学校が沢山あり、グリーンスクールは高校まであるので、ちょっと学費が高いけど、オススメの学校です。
とにかく優しく、面白く、素直に育ってくれたらいいなと思っています。
Marisaのスピードに合わせて、楽しく子育てをしていっております。

リトリートを振り返って

リトリートを振り返って。。。

このリトリートの写真集はこちら

今回はリトリートが終わってから、Goddess 7 chakra retreatに変更してみましたーという、女神性の強いリトリートでした。

全員がみんなみるみるどんどん美しくなって行くリトリート、こんなの初めて!
髪の毛を切ってくれ、メークしてくれるりさRisa Yoshida、チャクラベリーダンスを誘導してくれるMalina Mukasa先生とみんなの笑顔、チャクラに導かれて、みんなどんどん心を開いて美しくなったーー!
そしてチャクラワークのティーチングも自分がチャクラワークとリトリートを通して何を伝えたいのかを明確にしてみた。「本当の夢をみつけ、未来につなげ夢を実現化する」というのにチャクラワークをセットしたことで、お話も、誘導することも明確になり、とても創造的で面白く良いものが出来たと感じた。なんにせよ、みんなのハートからの美しさと優しさが膨らんだのを感じられたのが嬉しい。というか、みんながリトリートにコミットメントしてくれ、その場に全ての意識を集中させてくれたからこそ出来た奇跡。全ては完璧だった。。。いやまじで。

チャンティングに来てくれLiza Lilintahlも、ここにはサラスヴァティーエネルギーが降りて来ているねって言ってた。
確かにリトリートスタート時にみんなでサラスヴァティーと繋がる儀式をしたのだよね。ちゃーんと、伝わるものなんだなー。感動です。

まずは、私やバリ島スタッフ達を信用してくれて、仕事場の人や家族旦那様を説き伏せ、お金を工面し、子供と一緒の大変さにコミットメントして、休暇を1週間もとるなど沢山の事柄をクリアし、ウブドまでみんな来てくれた。それだけでもとっても嬉しかったしありがたかった。
さらに毎日毎日ヨーガに集中して、そして楽しんでくれたみんな、本当に、本当にありがとうございました!
これからもハートで、女神パワーで繋がりましょうーー★きゃー!